Vライン脱毛

MENU

Vライン脱毛を失敗しないための人気サロンランキング!

最近は夏のや普段の身だしなみとしてVライン(ビキニライン)脱毛やIライン脱毛をする人が増えてきています。

 

Vライン(ビキニライン)は脱毛部位のなかでも、デリケートで自己処理がむずかしく、自己処理後に逆に毛穴が目立ってしまうといった失敗をしている人もいます。

 

当サイトでは、これからVライン脱毛をしようと考えている人に、失敗しないための情報と格安で脱毛はじめる事ができる人気サロンをランキング形式で紹介しています。

 

Vライン脱毛ランキングの前に、今すぐ知ってほしい情報はしたの、
「今月がおトク!な脱毛サロンキャンペーン情報」でご紹介しています!

今月がおトク!な脱毛サロンキャンペーン情報

ミュゼ

>>ミュゼプラチナム公式サイトから予約する<<

キャンペーン脱毛コース 両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース
おすすめ情報

今月のミュゼは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」がはじめての方でWEB予約した方限定100円で脱毛をすることができます。
夏本番はもうすぐそこ!少しでも早く両ワキ+Vライン脱毛を始めるならいまがチャンスです!

 

キャンペーン期間:2015年6月1日〜6月30日

Vライン脱毛で失敗しないための脱毛サロン選びのポイント

Vライン脱毛を失敗しないために重要なのが、はじめの脱毛サロン選びです。
「Vライン脱毛をしたい」といっても、希望することは人それぞれ違いますので、まずは脱毛サロンが行っている初回限定のキャンペーンを利用して、

  • サロンのイメージは自分好みか
  • スタッフさんの対応はどんな印象か
  • 店舗の立地は自分が通いやすいのか

などを比較して、脱毛サロンに通うのを途中でやめてしまうなんて失敗をしないようにしてください。

Vライン脱毛は恥ずかしい?

女性

Vライン脱毛する時、恥ずかしいので躊躇する人が多いですが、意外と大丈夫です。

 

Vライン脱毛をする場合、施術中、大事な部分を見られることになるので、どうしても恥ずかししい思いが強いものです。

 

しかし、サロンでは、使い捨ての紙パンツを使用するので、恥ずかしさはそれほどでもありません。
紙パンツを履けば安心感があり、そもそも施術する人は慣れているので、恥ずかしがらなくても大丈夫です。

 

実際施術の際も、体勢は工夫して施術してくれ、パンツをずらして照射したり、Vライン脱毛する周辺の恥ずかしい部分が極力見えないようにしてくれるので安心です♪

 

確かに、施術が始まってしばらくは恥ずかしい思いはしますが、施術スタッフは見慣れているし相手は女性なので、だんだんと慣れてきます

 

IラインやOラインと比べると、Vラインの恥ずかしさは、それほどないし回数を重ねていけば全然大丈夫です。
むしろ水着など来たときにハミ毛や毛穴の黒ずみがみえてしまった方がよっぽど恥ずかしいです。

 

Vライン脱毛の恥ずかしさは一瞬、ハミ毛の恥ずかしさに比べれば大した事ではありません!


Vライン脱毛を自己処理するのは危険

女性

Vライン脱毛を自己処理するのは危険です。
できれば自己処理は避けましょう。

 

最近では、Vライン脱毛をする人が増えてきて、1つのマナーになりつつあります。
しかし、Vラインのムダ毛を処理する場合、焦ってはいけません。

 

慌てて自己処理で処理すると、肌荒れする可能性があります。特に、カミソリなどで自己処理すると、黒ずんだりする可能性があり、黴菌が入ると化膿する恐れもあります。

 

Vライン脱毛を自己処理する場合、ワックス脱毛する人も少なくありませんが、ワックスを肌に貼ってはがすので、肌を傷める可能性があります。一気に毛が抜けていいのですが、どうしても肌が赤くなってしまいます。

 

ワックスを貼ってはがすと、肌の一部も一緒にはがれることになるので、よくありません。
また、しばらくの間はキレイなのですが、3週間ぐらいするとまた毛が生えてきます。

 

ワックスで自己処理すると、何度も繰り返さなければならず、敏感肌の人の場合、赤みが残ってしまう危険性があります。
Vライン脱毛は、このように自己処理ですると危険がいっぱいです。やはり脱毛サロンでするのが安全でおすすめです。


Vライン脱毛の脱毛範囲は?

Vライン脱毛の脱毛範囲は、サロンによっても違うようです。

 

そのため、範囲については、事前によく確認してからサロンに行く必要があります。Vライン脱毛での処理範囲をきちんと確認してから、脱毛サロンに予約するべきです。

 

一般的には、Vラインの場合、処理する際、Vラインのプレートを利用します。それを当てて、その部分からはみ出たアンダーヘアを処理します。

 

ただ、最近では、色んな形を自在にできるようになっていて、Vライン脱毛の範囲は自由にできます。
ツルツルに無駄毛をなくすこともできれば、量を少し減らしたり、形を整えることも可能です。

 

Vライン脱毛は、逆三角形、ひし形、台形、長方形、卵型、ハート型など、いろんなデザインにすることができ、自分の好みで選べるようになっているので、脱毛範囲は自在です。

 

 

今や、Vラインの形は自由自在です。大体、自然な感じで楕円型で毛を残しながら処理する人が多いのですが、サロンに行けば相談できるので、色々聞いてみるといいでしょう。

 

全処理で、ツルッツルのパイパンにすれば、どこから見ても毛がない姿になることができます。

Vライン脱毛の痛みはどのくらい?

女性

Vライン脱毛と言えば、デリケートで敏感な部分なで、気になるのが痛みです。

 

痛みに関しては個人差があるので、このくらいの痛みというのは、言いにくいのですが、一般的には、敏感な部位なので、やはり、ちょっとは痛いです。

 

Vライン脱毛の痛みについては、サロンによっても差があり、中には全く痛くないと言う人もいます。
しかし、通常は、輪ゴムではじくような痛みはあり、刺激はあるので痛みに弱い人は、ある程度覚悟しなければなりません。

 

ある意味、痛いと思いこんで行った方が楽かもしれません。

 

Vラインの場合、他の部位と比べると痛みは強く感じやすいのは事実です。肌が薄く、その割にムダ毛の質が太くてしっかりしているので、痛みはどうしても強くなります。但し、毛抜きを使った場合の痛みと比べれば、フラッシュ脱毛の方が痛みは少ないでしょう。

 

脱毛サロンのフラッシュ脱毛は、毛根部分のみにダメージを与え、施術時間が一瞬なので、パチンとゴムではじかれる程度の痛みです。

 

そう考えると大した痛みではないのですが、痛みは個人差が大きいので、Vライン脱毛の痛みは、自分自身で体験してみないことには、どうにも判断できかねません。

 

テスト脱毛を受けてみれば、痛みがどの程度なのかわかります。


Vライン脱毛をする場合、気になるのが回数で、どのくらいの回数をやれば綺麗になるのでしょうか?
果たして効果が出るまでには、どのくらいの回数をすればいいのでしょう。

 

基本的に、脱毛する場合、6回コースが基本となりますが、Vラインの場合、毛が太くて濃いので、6回くらいの回数では、中々満足できません。
Vライン脱毛は、他の部位の毛と比べて、毛質が固くて太く、量も多いことから、通常の脱毛回数では、満足のいく効果は得られません。

 

様子を見ながら回数を追加して調整する方法もありますが、そうすると追加料金になって、用が高くつきます。

 

Vライン脱毛の回数の目安としては、大体、12回〜18回くらいを見ておくといいでしょう。つまり、最初からそのぐらいの回数を契約しておけばいいのです。

 

そうすれば、後で回数を追加するより、結果的に料金は安く済むでしょう。

 

いずれにせよ、Vラインの場合、施術する範囲によっても、回数は変わってくるので、具体的にどのくらいの回数でやるかは、カウンセリングの時に、担当者とよく相談することです。

 

回数は個人によって変わってきます。

 

■美容脱毛については下記を参考に:
⇒ 脱毛について-wikipedia